• Top
  • 主要な法令

固定価格買取制度

「固定価格買取制度」とは、再生可能エネルギー源(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気を、一定の期間・価格で電気事業者が買い取ることを義務付けるもので、2012年7月1日からスタートしました。買取価格、期間の他、認定手続きや再エネ賦課金など、くわしくは、こちらをご覧ください。

資源エネルギー庁固定価格買取制度

再生可能エネルギー導入に関連する主な法令

 
コージェネレーション設備導入における主な関連許認可等の担当窓口(平成28年7月1日現在)
 
再生可能エネルギー設備導入における主な関連許認可等の担当窓口(平成28年7月1日現在)

再生可能エネルギー事業支援ガイドブック(web版)

 
再生可能エネルギー事業支援ガイドブック(web版)資源エネルギー庁において、再生可能エネルギー事業の円滑な開始を支援するため、関係各府省庁の再生可能エネルギー事業に活用可能な施策、その施策の活用事例及び関連許認可手続等を一元的にとりまとめたガイドブックを作成し、公開されていますので、ご活用ください。
ページの先頭へ