ふくおかのエネルギー

【講習会】太陽光発電導入円滑・適正化講習会【開催結果】

最終更新日:平成30年2月28日

議事要旨

 福岡県では、太陽光発電の適切な設計施工や保守点検等の産業基盤を確立させ、地域で太陽光発電事業をサポートできる体制の構築に取組んでいます。
 この一環として、平成30年2月22日にリファレンス駅東ビルにおいて、太陽光発電設備の導入段階において必要な知識や有用な情報をお伝えする講習会を開催しました。
 太陽光発電施設の運用管理の現場で散見されるトラブル事例、トラブルを防止するための適切な設計・施工や法令遵守、太陽光発電設備の事故事例と保険によるリスク回避策などを紹介しました。
 太陽光発電事業の企画・設計や設備の施工・販売事業者を中心に44名の方々に参加いただき、「なかなかこのような勉強機会はなく、大変参考になった。」といった感想が寄せられました。

【内容】
1.太陽光発電所の運用段階でよく見るトラブル事例【(一社)日本PVプランナー協会/(株)エナジービジョン】
2.太陽光発電システム~現実から未来へ~設計・施工・O&M【(一社)日本PVプランナー協会/(株)アルシス】
3.太陽光発電事業におけるリスクマネジメント【三井住友海上火災保険(株)、(株)インターリスク総研】

日時 平成30年2月22日(木)13:30~16:30
開催場所 リファレンス駅東ビル H-1会議室 (福岡市博多区博多駅東1-16-14)
実施主体 福岡県、九州経済産業局、(公財)九州経済調査協会、九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)
お問い合わせ先 福岡県企画・地域振興部総合政策課エネルギー政策室
Tel 092-643-3228 Mail energy@pref.fukuoka.lg.jp

 閉じる    トップページへ